坂井市商工会トップ > 青年部 > 坂井市商工会青年部について

坂井市商工会青年部について

青年部について_01

本商工会青年部は、坂井市商工会の事業を積極的に推進するとともに、商工業の後継者たるべき青年経営者としての資質を向上させ、もって商工業の総合的な改善発達を図り、併せて社会一般の福祉の増進に資することを目的としております。

部長所信

坂井市商工会青年部は、2017年10月に10周年を迎えます。
2007年10月に坂井市商工会青年部はスタートしました。合併して間もない当初は、各町それぞれに特徴があり、なかなか上手くまとまりませんでした。その後は、歴代の部長の【4町をひとつに】という想いのもと、様々な事業や多岐に渡る活動を通して、部員同士に絆が生まれ、坂井市商工会青年部はひとつにまとまってきました。この10年間で培った絆を更に深め、次の10年に向かって、更なる飛躍をするためのお手伝いを、先頭に立ち行っていきたいと思います。
現在、坂井市商工会青年部には解決すべき課題があります。もっとも重要な課題は部員数の減少です。最大時160名だった部員数が、現在では84名と大幅に減少しています。今後、団塊ジュニア世代が次々と卒業を迎えることを踏まえると、部員の新規開拓・増強は喫緊の課題です。更には、各委員会事業や理事会への参加率の低下も大きな課題です。部員全員が一致団結して、これらの課題を解決していかなければなりません。
商工会青年部は人間的成長に繋がる絶好の場所です。そして、部員の皆さんには有益性をもたらす様々な機会が用意されています。若手経営者としてセミナーを受け、経営やビジネススキルの勉強をする機会、委員会事業や視察研修旅行で親睦を深め、生涯の財産となる友人を作ることができる機会、事業所の新たな取引先を得る機会などです。しかし、これらの機会は、自らが積極的に行動しないことには得られません。部員の皆さんには、是非とも積極的に行動して、これらの機会を活用していただきたいです。また、新しいことにも挑戦していきたいと考えています。さらに、商工会員は補助金をはじめさまざまな支援施策を受けることができます。支援施策を学習するセミナーや、事業所間の更なる相互理解の場などを設けていきたいと思っています。
坂井市商工会青年部に入部して本当に良かったと、一人でも多くの部員の皆さんに思っていただけるよう、精一杯部長としての務めを果たしてまいります。歴代の先輩方から受け継いだ伝統を守りながら、次世代の育成にも力を入れていきます。共に頑張っていきましょう。 

事業方針

  1. 青年部部員同士の事業交流やPR強化の推進
  2. 経営革新や、独自性のある事業の推進
  3. 部員の交流、結束力工場の推進
  4. 若手後継者育成事業の推進
  5. 会員拡大による更なる組織力向上
  6. 街づくりに関する事業の推進
  7. 地域伝統文化の継承
  8. 青年部活動の情報発信と部員拡大
  9. 全青連・県連との連絡調整

委員会の活動内容

総務委員会

  • 青年部運営に関すること
  • 青年部部員間の仕事の交流強化及びPR事業に関すること
  • 資質向上セミナー(若手・新人育成を含む)に関すること
  • 新入部員の開拓・増強に関すること
  • その他

部員交流委員会

  • 部員親睦会(家族交流親睦を含む)に関すること
  • 先進地視察研修に関すること
  • 新入部員の開拓・増強に関すること
  • その他

まちづくり委員会

  • 地域密着型事業(講演会、ボランティアを含む)に関すること
  • 坂井市及び青年部のPRに関すること
  • 出会い創造応援事業に関すること
  • 子供職業体験事業に関すること
  • 青年部部員の事業PRに関すること
  • 新入部員の開拓・増強に関すること
  • その他

辛み隊会議

  • 辛み隊の企画・運営に関すること
    辛み隊の活動はこちらから